Q&A

Q&A

 

Q&A~Nail~

◇自爪にダメージはありますか?

ジェルの種類によっては、塗付前の下準備で爪に負担がかかるケースがあります。当店使用のジェルでは、
爪の表面を粗く削るような下準備は不要ですので、それにより薄くなることも、ジェルの持ちが悪くなることは比較的少ないといえます。

◇ジェルの保ちはどのくらいですか?

爪の伸びる早さなど個人差がありますが、メーカー推奨は約2~3週間前後です。水仕事が多い方、
手作業の多いお仕事(キーパンチャーや梱包作業など)の方、爪や爪周りが乾燥しがちな方、
爪が痛んでいる方は、そうでない方に比べると持ちは良くありません。
部分的に剥がれたりした場合には、その部分だけお直しすることも可能です。

◇薄くて割れやすい爪でも大丈夫ですか?

ジェルネイルは、爪を保護し、補強効果にも優れていますので、爪が薄い・柔らかい・割れやすい方にお勧めします。ただし爪が薄く痛んでいる爪はジェルの持ちは短いのでまめにメンテナンスをお勧めします。

◇伸びてきたらどうすればいいですか?

短くしたい場合は、ジェルを落としてからやすりで削ります。ジェルを乗せたまま削ってしまうと、
爪の先端の断面が切れてしまい、先端からジェルはがれやすくなり、
お爪が痛む要因になるので、あまりにも気になる場合はサロンでの付け替えをお勧めします。

◇ソフトジェル・ハードジェル・スカルプチュアの違いはなんですか?

ソフトジェルは、紫外線で固まるジェルの一つで柔らかく自然な装着感とツヤ感が特徴です。
専用のリムーバーで簡単に落とすことができます。
ハードジェルも紫外線で固まるジェルですがソフトより強度があり5mm程度の長さ出しが可能です。
た だし、専用リムーバーで落とすことができませんので、ファイルで削って落とします。
スカルプチュアは本来人工爪全般を指しますが、一般にはアクリルの人工爪を指すことが多いです。
もっとも強度があり10mm以上の長さ出しができます。また、ボリュームアートや先端にクリア感のある
アートを楽しみたい方にお勧めです。

◇カルジェルとバイオジェルの違いは?

メーカーの違いはもちろんですが、カルジェルはバイオジェルより柔らかい素材なのでなじみがよく、
付け心地がより自然です。水分の蒸発運動を妨げないのも特徴でカビの心配も少ないといえます。
ただし、施術後は10日に1回程度、トップコートを塗り替えないと透明感やツヤがなくなってきます。
また、個人差、ライフスタイルによって、黄ばみが強くでる場合もあります。

一方、バイオジェルはカルジェルより硬い素材でできているため長さを出すことができます。
硬い素材といっても着け心地に違和感はほとんどなく、カルジェルにみられる爪の黄ばみ も、
トップコート塗り替えのメンテナンスがなく楽です。どちらも、柔軟性があることから折れにくく
爪への定着率が高いので水仕事に強く、浮いてくる心配が少ないのが特徴です。しかし、どちらが優れているというのはないので、 ネイリストと相談して、「マイジェル」を見つけることがジェルネイルの持ちを良くする秘訣です。

◇グリーンネイルになるのはなぜですか?

グリーンネイルになるのは、免疫力低下時に爪と人工爪の間に水分がたまり、緑膿菌等が繁殖してしまうためです。その要因は土(ガーデニンング)からだったり、湿気環境だったりと様々です。
当店のジェルは蒸散作用があるので、緑膿菌(=グリーンネイル)が発生する可能性は低いといえます。

◇グリーンネイルですが施術は出来ますか?

グリーンネイルは菌の繁殖でおきるので、発生部分を乾燥させる必要があります。
医師の診断を受け完治するまでジェルをつけるのは控えましょう。
稀に「他店ではつけてくれるのになぜつけてくれないのか?」という
ご意見を頂くことがございますが
当店ではお客様のお爪の健康のためにジェルネイルはご案内致しません。

◇他店でジェルを乗せてUVライトに入れたら熱かったのですが?

1度にジェルを沢山乗せすぎると硬化時に発する熱で、熱さやまれに痛みを感じる場合があります。
また、自爪が薄すぎる場合、適量でも熱さを感じる場合があります。
1回に塗るジェルの量を適量または少なめにすれば熱さは軽減できます。
後々、巻き爪の要因になる場合もあるので当店ではジェルをのせる量は適量を推奨しています。

◇爪がとても短いのですがジェルネイルはできますか?

爪が短いお客様は多数いらっしゃいます。短い爪に似合うようなネイルアートもありますし、ご希望であれば長さ出しも行っております。その際のジェルでの長さ出しは1本800円となっております。

◇噛み癖があり深爪ですがジェルネイルをしても大丈夫?

深爪でもジェルネイルは可能です。ただし、深爪の要因である噛み癖を直したいということであれば、
当店では深爪矯正も行っております。深爪矯正を行い、噛み癖のなおった方も過去に数名いらっしゃいます。 安心してご相談ください。

◇爪の形で、横広、扇型、反り爪、巻き爪などの矯正もできますか?

当店は、アクリルスカルプチュアによる爪形矯正をおこなっております。先天性の横広や、扇型、反り爪、
ジェルによって巻き爪になった後天性のお爪まで、コンプレックスをお持ちだった方々から、
たくさんの喜びの声を戴いています。お爪の形が変わるだけで、指や手までスラッとした印象になりますよ。

◇ジェルのオフは自分でしてもいいですか?

間違ったオフの方法で爪を傷めてしまいます。「ソフトジェルはやっぱり爪が傷む。」という間違った認識をされる方がいますが爪が傷む原因のほとんどはジェルネイルを外す時、外れる時です。
ソフトジェルは自爪との密着性が非常によいので、強い衝撃を受けると、 ジェルと一緒に自爪の表面が一層はがれてしまいます。はがれたこの後にジェルを乗せても柔らかい自爪の上ではジェルは長持ちしにくくなります。正しい方法でオフが出来れば爪は傷みません。
サロンで外す場合は、約30分の時間と少々のお金がかかりますが爪を傷める心配はありません。
うまくオフする自信のない方、オフの面倒な方は是非サロンにご依頼下さい。
また、当店ではお客様のお爪のサイクルに合わせて、「ジェルオフ無料ご優待券」を毎回差し上げています。
どうしても、ご自身でされる場合は、面倒ですがオフの作業は片手5本ずつ行ってください。両手一気にやってしまいたいお気持ちは分かりますが片手ずつしたほうが安全、且つきれいにオフできます。

ページ上部へ戻る

 

banner_new

過去の記事

 


Nolaslien
phon